音声認証ライブラリ

キーワード音声による音声認証ライブラリ

VoiceGATE V3 SDK

Animoで買う
Amazonで買う
Yahoo!で買う
音声認証とは

機能概要

認証方式

キーワード方式
音声モデルサイズ
15KB/キーワード
  • あらかじめ自分で決めたフレーズ(6音節程度:名前やID番号等)をパスワードに利用
  • 登録時3回/照合時1回発声
  • セキュリティポリシーによって、複数回の認証結果スコアの足し合わせ、平均値取得も可能
  • 発声内容かつ音声の個人性両方の一致を要する二重セキュリティ
    (他人に音声キーワードを知られたとしても、本人自身の音声でなければ認証されない)
多段階認証方式
  • キーワード方式とフリーワード方式の組み合わせによる強固なセキュリティを実現

 

音声認証API

音声登録、音声照合、音声チェックなど必要なAPIを提供。

 


端末組み込み向け製品



キーワード方式音声認証ライブラリ VoiceGATE(ボイスゲート)V3
  • 有効音声チェック、登録処理、照合処理など音声認証に必要なAPIを提供
  • 低メモリで動作
  • マルチプラットフォーム対応
  • サンプルプログラム同梱

 

動作環境

Windows版 OS Windows 7以降 (32bit/64bit)
開発環境 Microsoft Visual Studio 2008以降
Linux版 OS RedHat Enterprise Linux 5.x/6.x以降 (32bit/64bit)
開発環境 glibc 2.4以降
CPU Intel Pentium プロセッサ1GHz以上推奨、または同等性能の互換CPU
メモリ 2GB以上推奨

 

仕様

VoiceGATE V3
認証方式 キーワード方式
必要処理量 80MIPS
コードサイズ 約100KB
RAMサイズ 約200KB
音声データ形式 8000Hz/11025Hz, 16bit, リニアPCM
音声モデルサイズ 5~15KB

 

製品体系・価格

製品名称 価格
VoiceGATE V3 SDK 400,000円+消費税
Animoで買う
Amazonで買う
Yahoo!で買う
VoiceGate V3 SDKは、開発機1台ごとに必要となる開発ライセンスの価格です。開発ライセンスとは別に、システムやアプリケーションに組み込んでご利用になる場合は、別途ランタイムライセンスが必要です。ランタイムライセンスのご購入・価格につきましては、個別にお問合わせ願います。

 

導入事例

テレホンバンキングにおける本人認証
音声による本人認証でセキュリティ強化と利便性向上の両面を実現
スマホを音声でロック解除
音声認証技術で、ロック解除と同時にアプリ起動を実現
eラーニングシステムの受講者認証
ログイン認証、音声による本人確認