医療・福祉

医療・福祉

くちトレ

『口唇・舌・喉』を鍛えて、嚥下障害予防トレーニング

『口唇・舌・喉』を鍛えて、嚥下障害予防 くちトレ

「くちトレ」は、「口唇・舌・喉」を鍛えて、滑舌・嚥下の改善に役立てる事ができます。

    • 『くちトレ』アプリは、1,700語以上の発話し難い言葉・パタカ言葉を繰返し、「話す」トレーニングをすることにより、「口唇・舌・喉」の発声器官を鍛え、滑舌改善スムーズな嚥下のためのツールです。
    • 口から喉の「飲み込む力」を鍛えることは、将来の嚥下障害の予防にもつながります。
    • 『くちトレ』で毎日手軽に「話す」トレーニングをして、「口唇・舌・喉」を鍛えて、滑舌嚥下の改善に役立てましょう。

※パタカ言葉とは、日本語子音を発音する口内の部位(口唇:主にパ行、舌先:主にタ行、後舌:主にカ行)を全部使う言葉です。

主な特長

特徴

  • 「口唇・舌・喉」の部位ごとに効果的な1700語以上の練習言葉でトレーニングする事ができます。
  • 表示される文章を録音するだけで発語を5の評価観点でチェックすることができます。
  • チェック結果の推移を履歴画面から確認して改善を数字で確認できます。

発語トレーニングの種類は?

口唇の緊張アップ」、「舌先の緊張アップ」、「喉を意識/舌の後部緊張」の3つの発語トレーニングで使う筋肉を変える事が出来ます。
メイントレーニング」では上記3つの単語に発音が難しい言葉を加えた単語をランダムに表示します。

口の部位の事前練習
  1. 口唇の緊張アップのトレーニング
    • 「は・ぱ・ま」行を多く含んだ単語中心のトレーニング
  2. 舌先の緊張アップのトレーニング
    • 「さ・ざ・た・だ等」行を多く含んだ単語中心のトレーニング
  3. 喉/舌の後部緊張のトレーニング
    • 「か・が」行を多く含んだ単語中心のトレーニング
メイントレーニング
  1. トレーニングのための選ばれた発話しにくい言葉・パタカ言葉1,700語以上からランダムにトレーニング
  2. 1呼吸3回連続の発語を3セット(計9回発語)。必ずしも早く話すことが目的ではなく発声器官をきちんと動かすことを目的としています
発語チェック
   履歴リスト
  1. 日々のトレーニングの成果を確認できるように、5つの指標(明確さ・元気さ・自然さ・話す速さ・一貫性)で点数化し、トレーニングの効果を実感
  2. 発語チェックの履歴リストが見られます。自分がチェックした発語チェックの履歴から、改善を数字で確認できます

発語チェックの評価について

音声分析エンジンによって発語音声を5つの評価観点で数値化(0~100)し、総合結果(0~100)を算出します。

指標 評価 指標の意味 分析技術
明確さ 滑舌 正しい発語ができているか 音声認識
元気さ 音量 大きな声で発語できているか 音圧分析
自然さ 抑揚 イントネーションをつけて発語できているか ピッチ分析
話す速さ 話速 適切な速さ(5モーラ/秒)で発語できているか 話速分析
一貫性 安定 一定の声の強さを保てるか 音圧分析
発語チェック結果画面
発語チェック結果画面例

アプリ概要

くちトレアイコン
■アプリタイトル :くちトレ(口のトレーニング
対応OS :Android8以降
カテゴリ :健康&フィットネス
購入料金 :240円(税込)
link_banner_android

アプリご利用イメージ

※画像をクリックすると拡大表示します。

くちトレ紹介 部位ごとに効果的なトレーニングメニュー 発語チェック機能

 

法人様向け「発語チェック分析」クラウドサービスのご提供

法人様向け「発語チェック分析」クラウドサービスのご提供

監修者

道関 京子(言語聴覚士)

新潟リハビリテーション大学大学院 教授(リハビリテーション研究科)
日本全体構造臨床言語学会理事長