音声認識・検出

音声認識・検出

文法型音声認識

保守・点検業務などにおける音声コマンドや数字の音声入力に適した音声認識ライブラリ

VoiceCommander SDK

概要

VoiceCommander SDK(ボイスコマンダーSDK)とは…

製造業や流通業の現場に於ける実績入力やシステムの音声コントロールなど、計測結果などの数値や、電話番号や機器の型番等の棒読み数字、コマンドの音声入力が可能です。

主な利点

  • 文法定義により、定型的な音声入力をする業務において、高い認識精度を実現。
  • 桁読みの数字、英数字交じりの音声コマンド入力が可能。

利用シーン

  • 音声認識で検査結果を入力

voicecommander-img01
「音声による保守作業支援」の製品ページへ>>

動作環境

OS Windows 8.1/10 (32bit/64bit)
RedHat Enterprise Linux 5.x/6.x以降 (32bit/64bit)
Android 4.2以降
iOS 10.x
CPU x86/x64, ARM (200MIPS以上)
浮動小数点演算機構必須
処理量 200MIPS以下
ROM CODE 600KB
DATA 4,300KB (音響モデル)
5,300KB (グラマー)
RAM DATA 18,000KB

 

インターフェース

音声データ形式 8000Hz, 16bit, モノラル, リニアPCM
開発言語 C/C++

 

製品体系・価格

製品名称 価格
Windows版SDK オープン価格
Linux版SDK オープン価格
Android版SDK オープン価格
iOS版SDK オープン価格

導入事例

音声作業指示による車両定期検査
雑音に強い音声認識と音声合成で、作業漏れを防止し、作業員の安全を確保