導入事例

広告音声へ情報を埋め込んで配信

音響透かしを使ってO2Oの新しいチャネルを実現

SoundHoppingとは、「“音の透かし”による情報配信技術」です。
クラウドサービス上やローカルでお客様がお持ちの音源に情報を埋め込むことができ、特別な機材を必要としないため、少ない設備投資で導入が可能となっています。

また、情報量を抑え、冗長性を高めているため、環境雑音に対する頑健性が非常に高く、6dB程度のSN比でも動作可能です。

■利用シーン

「音」を活用した情報配信技術で、これまでになかった新サービスの可能性が広がります。

SoundHopping

「音響すかし」の製品ページへ>>

<<前のページに戻る