音声合成による地域防災無線・ラジオ

災害情報などの緊急放送にくわえ、地域のイベント、お悔やみ情報(訃報)などを地域市民へ総合的に案内 

導入前の課題

  1. 災害情報だけに使用するには非効率であり、その他の情報提供にも活用したい

導入効果

  1. 地域のイベント情報にくわえ、必要に応じてお悔やみ情報(訃報)も届けることで、防災無線を有効活用することが可能となった ※お悔やみ情報は「悲しい声」による音声合成で案内を実施

導入した製品

FineSpeech V.4 + 多言語音声合成

システム構成