特長

  1. 複数の声(ボイスモデル)を混ぜ合わせて、新しい声を作れる「ボイスモーフィング機能」を実装。
    アプリケーションプログラムから、声の表情を多彩に作り出せます。
ボイスモーフィング機能
防災放送に!
読み上げる情報の重要度に合わせて、声の緊迫感をコントロール。
情報の重要度をより的確に伝えられます。
カーナビゲーションシステムに!
周囲の雑音レベルに合わせて、声の通りやすさをコントロール。
騒音環境下でも的確に情報を伝達できます。
エンターテインメントソフトに!
二人の声を混ぜ合わせて新しい声を生成。多彩な声のバリエーションを作れます。
  1. お客様ご指定の声によるボイスモデル作成。
    芸能人や声優の声をベースにしたボイスモデルを、短期間・ローコストで作れます。
  2. FineSpeechシリーズのユーザー資産を最大限に活用しつつ、最新機能をご利用可能です。
① プログラミングモデルAPIは共通。ユーザープログラムの移行は極めて簡単です。
② ユーザー言語辞書ファイル・表音文字列データは共通。そのままご利用可能です。
③ 氏名処理オプション・住所処理オプションも利用可能。

仕様

単語辞書サイズ ~1.5MB (16.5万語)
ボイスDBサイズ 約5MB (声種あたり)
サンプリング周波数 8kHz, 16kHz, 22.05kHz
出力データ形式 16bit Linear PCM, μ Law PCM

動作環境

OS Windows版 Windows 8.1/10/11 (32bit/64bit)
Windows Server 2012 / R2
Windows Server 2016 standard
Windows Server 2019
Windows Server 2022 standard
Linux版 Red Hat Enterprise Linux Version 6 / 7 / 8 (32bit/64bit)
その他 お問い合わせください
CPU Intel Pentium プロセッサ1GHz以上推奨、または同等性能の互換CPU
メモリ 2GB以上推奨
HDD インストール領域として約100MB
開発環境 Microsoft VisualStudio 2008以降

製品体系

FineSpeech V4 SDK FineSpeech SDK本体(ライブラリ)です。
ボイスモデル ケイコ FineSpeech V2の話者「ケイコ」と同じ女声のボイスモデルです。
ボイスモデル タカシ FineSpeech V2の話者「タカシ」と同じ男声のボイスモデルです。
ボイスモデル ユキ FineSpeech V3の話者「ユキ」と同じ女声のボイスモデルです。
ボイスモデル サトシ FineSpeech V3の話者「サトシ」と同じ男声のボイスモデルです。
住所処理Optionライブラリ 日本の住所を正しく読み上げるためのライブラリです。日本郵便株式会社の住所データに準拠しています。
氏名処理Optionライブラリ 日本人の姓名を正しく読み上げるためのライブラリです。氏名辞書には、約16万の姓名が格納されています。
  • 従来のFineSpeech V2、V3の波形DBはご使用いただけません。
    新たにFineSpeech V4専用のボイスモデルをご購入いただく必要があります。
  • 価格はすべてオープン価格です。お問い合わせください。

価格についてはお問い合わせください。

FineSpeechで作成された合成音声ファイルをご利用になる場合や、FineSpeechのライブラリおよび辞書類を、システムやアプリケーションに組み込んでご利用になる場合は、別途ご契約手続きならびにライセンス料金が必要となります。ライセンス料金につきましては個別にお問合わせ願います。