コンセプト

 社会・産業インフラに於けるDX推進では、設備や構造物の状態を可視化・数値化し、生産性や品質の向上・故障予兆の検知・安全性の改善につなげることが期待されています。​
 しかし、人の聴覚による確認(官能検査)は、収録や分析方法に習熟が必要で、かつ分析ソフトが高額であるなど課題がありました。​

 「ANIMO Cloud – Wave Analyzer」は、音響データを継続的に蓄積・共有・分析・可視化するためのクラウドサービスです。​

 スマホ、ICレコーダ等で収録した音響データを登録いただくと、当社の音響分析ソリューション「AnimoWaveBase」をもとにしたデータクレンジングや音響特徴量分析をご利用いただけます。

ご利用イメージ

サービスの特徴

1.専門知識不要で取り組める音響分析

 ①アニモが培ってきた音響特徴(回転音、打音等)に最適化したモデル・事例を用意しており、専門知識不要でもすぐに分析を開始することが可能​

 ②自社で検討フローが完結することが可能​

2.手軽に利用できるクラウドサービス

 ①月額クラウドサービスのため初期投資コストが少ない

 ②検討対象設備が複数でも、中長期間での検討も低コストで可能

3.WeBAPIで外部ツールと連携

 ①生産管理システム、情報統合分析システム、点検システムなどに音響特徴量数値を連携する事で、他情報との相関分析や音響データの証跡管理としてご利用頂くことも可能

ご利用シーン

1.点検作業における音響証跡

 ①目視点検の写真証跡に加えて、聴取点検の証跡として録音を蓄積。証跡管理を充実​

 ②蓄積された分析結果を傾向分析。点検指標の定量化​

2.音響分析による設備の予防保全

 ①メンテナンス前後や中長期データを収集。特徴量の変化をモニタリングし故障予兆を把握​

 ②熟練作業員の感覚・暗黙知を「可視化・数値化」。形式知として共有資産化・稼働率向上

価格

オープン価格

詳細は下記お問い合わせまでご連絡ください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、「ANIMO Cloud開発センター」までご連絡ください。​
フリーダイヤル 0120-010-249(オトニヨク)​
(平日9:00~17:00、年末年始・夏季休暇は除く)045-663-8640​

ホームページからのお問い合わせはこちら