コンセプト

 音声には、意味内容(言語情報)以外にも、「非言語情報」や「パラ言語情報」が含まれます。

 非言語情報は個人に依存する声質を、パラ言語情報は声の大きさ・高さなどコミュニケーションに必要な情報を示します。

 営業支援、現場作業、介護作業などの既存業務ツールに音声分析機能を組み合わせる事で、ご利用者の元気度やストレス、感情などを分析・モニタリングする事が可能となります。

ご利用イメージ

サービスの特徴

1.非言語・パラ言語情報を分析

 声の元気度、抑揚、速さ、明確さ、のどの健康度などを数値化します。

2.音声分析による状態チェック、マーケティング

 スマートフォンやWebアプリから、継続的にデータ収集が可能です。

3.他の音声技術や業務サービスとWeb APIで速やかに連携

 音声認識や音声認証、既存の業務サービスや販促アプリと組み合わせて活用できます。

ご利用シーン

1.フィールドワーカの状態チェック

 点呼などの音声入力から集中度やメンタル状態をチェックし、危険度予測・モニタリングを行います。

2.マーケティング分析

 性別・年齢層などを音声から自動判定し、商材の購入履歴などとの相関分析を行います。

3.健康状態のチェック

 「のど」の状態を判定、また、嚥下障害などの予防にむけた「口唇・舌・喉」のトレーニングを行います。

4.発話評価

 滑舌や声の元気度を判定し、発話評価に活用できます。

導入事例

1.大阪大学・生誕1000日見守り研究(Society5.0)における「声の見守り」

 妊産婦の「声の元気度」をチェックするとともに、声から得られる音声物理量を分析し、うつ傾向を判定。

 育児困難感の解消の研究に役立てます。

価格

オープン価格

詳細は下記お問い合わせまでご連絡ください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、「ANIMO Cloud事業部」までご連絡ください。​
フリーダイヤル 0120-010-249(オトニヨク)​
(平日9:00~17:00、年末年始・夏季休暇は除く)

ホームページからのお問い合わせはこちら