導入事例

ベアリングの振動解析による故障予兆の監視

メンテナンス時期の最適化を実現

1.利用シーン
・生産ラインにおける消耗部品であるベアリングの振動データを監視、分析
・「良品」から「不良品」に至る状態変化を可視化し、メンテナンス時期の最適化を実現

2.課題
・熟練者の経験(触診)に依存した状態の把握:熟練者しか微細な状態変化に気付けない
・担当者ごとの主観によるメンテナンス時期の決定:非効率が発生

3.効果
・ベアリングの消耗度合・故障に至る状態遷移を「パルスの値」により可視化。最適なタイミングでの交換を実現
・生産ラインの突発的な停止を未然防止。製造設備の稼働率を向上

図6

「音響・振動分析/診断 ソリューション」の製品ページへ>>

<<前のページに戻る